悩めるママの日記

40代後半アラフィフ主婦の日記です

「~させていただく」便利な敬語ですが、多用するとおかしなことになりますよ!

毎月、職場に税理士事務所から「〇〇事務所通信」という、ちょっとした情報誌が届けられます。

税務に関する豆知識や、税制改正の解説や、事務所のスタッフさんたちが書かれた日記等々、必ず目を通すようにしています。

その中に、ビジネスメールに関するワンポイントアドバイス的な読み物があるんですが、これが結構 「へえ~」「なるほど~」 と思うことが書かれています。

以前にもこんな話を取り上げました。 

hanayasu.hatenablog.com

 

 

今回のテーマは

「~させていただく」の使い方に要注意!

というものです。

 

ビジネスメールでうっかり間違えやすい敬語の使い方について説明してありました。


(c) .foto project

 

尊敬語を重ねない!

パンフレットの入手方法を説明する一文

「パンフレットをご覧になられたい方は、こちらからダウンロードの上、ご覧ください」

さて、いったいどこがおかしいのでしょうか?

 

最初の「ご覧になられたい方」に注意です。

「パンフレットを見る」の「見る」の尊敬語は「ご覧になる」です。

「見たい人」の尊敬語は「ご覧になりたい方」とするのが適切だそうです。

「ご覧になられたい方」は、尊敬語の「ご覧になる」にさらに尊敬の「~られる」を付け加えている、尊敬語が重なった状態だとか・・・。

正しくは

「パンフレットをご覧になりたい方は、こちらからダウンロードをお願いします

文末の「ご覧ください」は、その前の文の「ご覧になる」と重なるため、「お願いします」とした方がよりスマート。

または、

「パンフレットをご覧になりたい場合は、こちらからダウンロードしてください」

のように、人を指す「方」から「場合」に変えてもOKです。

 

尊敬語の重複、注意が必要ですね。

 

「させていただく」の多用に注意!

次の例文は

「インターネットで貴社のホームページを拝見させていただき、メールさせていただきました」

よくありがちな文章です。いったいどこがおかしいのでしょうか?

 

この文には、「~させていただき」が続けて使われています。

伝えたいのは「あなたの会社のホームページを見ました」ということです。

 

「見る」の謙譲語は「拝見する」なので「ホームページを拝見し」とすればいいのですが、「拝見する」に謙譲語「~させていただく」が付け加えられています。

さらに、あとの文にも謙譲語が使われて「メールさせていただきました」となっています。

謙譲語のオンパレードですね。余分な敬語を整理して書き直すと、

「インターネットで貴社のホームページを拝見し、メールいたしました」

または

「インターネットで貴社のホームページを拝見しご連絡いたしました」

となります。

「メールさせていただきました」から敬語をはずすと「メールした」となるため、「連絡した」と言いまわしを変えて、謙譲語に変換して「ご連絡いたしました」としてもいいですね。

「~させていただく」を使っておけば敬語らしくなるからと多用しがちですが、じっくり読み返して、整理してから正しい敬語を使うようにしたいものです。

 

尊敬語や謙譲語、正しく使わなければ読み手に違和感や不快感を与えてしまうことにもなります。発信する文章は、書きっぱなしではなく、読み返して、おかしなところがないか十分に確認することを心掛けたいですね。

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ
にほんブログ村

 応援クリックを頂けると励みになりますm(__)m